施工についてに関する記事一覧

2015.09.22フローリングについて , 店長ブログ , 施工について

施工指示書とスペーサー

無垢材は湿度によって必ず伸縮を繰り返すので、その伸縮に対応できるように必ずフローリングとフローリングの間に隙間を開け、かつフローリングは根太ボンドとステープルで合板下地に施工しなければいけません。 無垢フローリングの施工は合板フローリングとまったく違います。無垢材用の施工をしないと梅雨時期に床が20…続きを読む

2015.09.15店長ブログ , 施工について

オークを無塗装の雰囲気のまま、塗装をしたいというご要望を受けて・・・

無垢フローリングドットコムではお客さまのさまざまなご要望にできるだけ 応えたいと日々、取り組んでいます。 よく「オークを無塗装の雰囲気のまま、自然塗装をしたい」 とお客様に 言われることがあります。 どうしても通常の自然塗装をしますと、塗装をかけるといわゆる「濡れた」感じに なってしまいます。 (例…続きを読む

2015.07.25店長ブログ , 施工について

兵庫県の本社ショールームのフローリングの伸縮実験

湿度が高くなるこの時期は昨年の秋から冬に施工した現場で突き上げ事故がよく起こります。 本社ショールームで実験している無垢フローリングもこの通り、無垢材が伸びて行き場がなくなり盛り上がっています。 ちなみにこのフローリングはオークフローリング。   基本的に施工指示書通りに施工していれば、ほ…続きを読む

2015.07.12店長ブログ , 施工について

無垢の突き上げの解消方法

毎年6~8月は突き上げ事故の報告が入ってきます。 施工時にクリアランスが足りなかったり、予想以上に湿度がこもる現場ではこのように床が波打ったりするのです。 このような時はこちらのように工事をすれば床の盛り上がりを補修することができます。 ●方法1 ●方法2   詳しくはこちらのホームページ…続きを読む

2015.07.07フローリングについて , 店長ブログ , 施工について

オークマルチレイヤーユニフローリングの施工方法

低温式床暖房対応のオーク(ナラ)マルチレイヤーユニは一枚のフローリングに4枚くらいのピース継ぎになっています。 このフローリングを3尺(約909mm)ずらしで施工していくと「継ぎ」の部分が接近してしまい、少し見栄えが悪くなることがあります。 東京スタッフがどのようにしたらきれいに貼れるかを試してみま…続きを読む

2015.06.16店長ブログ , 施工について

羽目板の施工方法がわかりやすく紹介しているページ

先日、フローリングの施工がわかりやすく紹介しているページをご紹介させていただきましたが、同じサイトに壁板の貼り方も掲載されていましたのでご紹介しておきますね。 http://ninomiyagikou.web.fc2.com/b-naisoukabe.html 先日、フローリングの簡単な施工方法をご…続きを読む

2015.06.13店長ブログ , 施工について

フローリングの貼り方がわかるホームページ(下地作り含む)

先日、DIY用でフローリングの貼り方がわかりやすホームページをご紹介させていただきましたが、下地作りから紹介しているページもありましたので、こちらもシェアさせていただきますね。 http://ninomiyagikou.web.fc2.com/b-furoring2.html こちらは下地作りから説…続きを読む

2015.06.12フローリングについて , 店長ブログ , 施工について

DIYで無垢フローリングを簡単に施工する方法

無垢フローリングの施工と言えば工務店さんやリフォーム業者さんにしてもらうものと思われがちですが、プロほど上手に、かつ早く、施工できるという訳ではありませんが、無垢フローリングをご自分で施工することもできます。 今回は本社ショールームのディスプレイ用フローリングをパートさんに施工してもらった時の写真で…続きを読む

2015.06.09店長ブログ , 施工について

フローリングの施工方法がわかりやすいホームページのご紹介

無垢フローリングドットコムは建築業者様への販売が多いのですが、中にはDIYでご自分で施工される方もおられます。 そんな方にフローリングの施工方法をわかりやすく紹介しているホームページがありましたのでシェアできればと思います。 題して「女性でも張れるフローリング」としてリフォームで自分でフローリングを…続きを読む

2015.06.06店長ブログ , 施工について

オークネイルフリーフローリング145mm幅のサネが入りにくい場合の施工方法

人気のオークネイルフリーフローリングですが145mm幅は巾が狭く重みがないため、サネを入れにくいときがよくあります。 そのような時はこのようにするとサネが入ります。「要はサネがロック式になっているので、サネを奥まで差し込んで細かく叩いてロックさせる」ということになりますので、サネが入りにくい場合はど…続きを読む

Page 1 of 31 2 3